紳士本底(オールソール)交換は、ご希望の中から底型を択べます(基本的にどれでも)

   靴修理の案内人

― その1、紳士本底部品(オールソール)交換用 修理部品写真一覧表 ―

お客様の修理靴が直接修理店より届きます。

修理靴の受取はご希望の指定日や時間帯に宅配できます。

●下の写真は靴修理の直行便で用意されている標準本底修理部品です。
(この他にお客坂が取り付けてもらいたい底部品が有れば、取り付け可能です)

●靴の上部(アッパー)部分が27cmを超える時は標準料金より¥800UPで(下の表記写真は紳士靴用です。婦人用は別途ご相談下さい。)

@ビジネス靴型用、本底部品(オールソール用) 部品写真

本底写真、本底部品名 仕様、補足説明 仕上がり料金
(両足、税込)

NO1、本革(スベリ止め付)

紳士本革滑り止め付、本底

色 仕上がりは茶色に染める

材質 本革
厚さ ソール 4.5mm
ヒール 約20mm

紳士革底仕上がり写真

靴上部仕上げ
型で変る

¥22,000

NO2、本革(スベリ止め無)

紳士革本底部品

仕上がり色は茶色に染める

材質 本革
厚さ ソール  4.5mm
ヒール 約20mm

本底ミシン縫い仕上がり
(防水加工仕上げ)

革底マッケー、ミシン縫い仕上げ写真

靴上部仕上げ
型で変る

¥15,400

リフトは合成ゴム型

NO5,ビブラム2055型

ビブラム 2055型、本底部品

材質  合成ゴム
色  黒、濃茶、レンガ

厚さ  ソール部  6mm
ヒール部 20mm

靴上部仕上げ型で変る
¥6,600

底ミシン縫い仕上げ時
¥8,800

27cm以上¥800UP

このページのトップへ戻る

Aカジュアル靴型用、本底(オールソール)修理部品写真

本底写真、本底部品名仕様、補足説明仕上がり料金

NO13,ビブラム2021型

ビブラム 2021型本底部品

材質 合成ゴム(スポンジ
色 黒、濃茶、ベージュ

厚さ ソール部15mm
ヒール部29mm

¥9,900(標準)
(両足、税込)

NO15、ビブラム4014型
(廃版商品)

カラー
 ブルー
 ボルドー
 イエロー
 グリーン

厚さソール部 12mm
 ヒール部 29mm

¥9,900
(標準)

(両足、税込)

NO17、本クレープ底

本クレープソール

材質 本クレープ
色  アメ色

厚さ ソール部 10mm
   ヒール部 20mm
   〜25mm

靴上部仕上げ型で変る
(厚底型は高くなる)
¥9,900
〜¥11,000

このページのトップへ戻る

B特殊靴型用、本底(オールソール)修理部品写真
    (登山靴/スキー靴/バイク用/フエルト底 など)

本底写真、本底部品名仕様、補足説明仕上がり料金

NO20、ビブラム1000型
(登山靴、重装備 底型)

ビブラム1000番型登山靴用本底

材質 合成ゴム
     (一体型)
色  黒

厚さ ソール部 12mm
   ヒール部 26mm

サイズ 23〜28cm

修理前の
登山靴型で変わる。
¥15,400
 (両足、税込)

NO22、ビブラム1136型
 (登山靴、軽装備 底型)

ビブラム1136型、本底

材質 合成ゴム
      (一体型)
色  黒、アメ色

厚さ ソール部 8mm
   ヒール部 24mm

サイズ 22〜30cm

修理前の
登山靴型で変わる。

¥14,300
 (両足、税込)

27cm以上
   ¥800UP

このページのトップへ戻る

Cスニーカー型、本底(オールソール)修理部品写真

本底写真、本底部品名仕様、補足説明仕上がり料金

No31、ビブラム2495型

ビブラム 2495型、スニカー用本底部品

材質 合成ゴム

色  黒のみ

厚さ 4mm

サイズ 22〜30cm

仕上り厚さや形で変る
¥9,900
〜¥13,200

NO33、ビブラムQ598型
(廃版商品)

ビブラムQ592型

材質 合成ゴム

色  黒/黒、灰/黒
   ピンク/白

厚さ 4mm

靴上部仕上げ型で変る
(厚底型は高くなる)
¥11,000(標準)
〜¥13,200

限定部品
(両足、税込)

このページのトップへ戻る

●上の表示、靴修理部品はどこのメーカー品へでも取り付け出来ます。

                            

紳士靴修理、婦人靴修理、登山靴修理、ウレタン劣化(加水分解)靴底修理出来ます、各社ブーツ修理、靴の改造もご相談ください。

2023年3月6日

HOME店舗紹介特定商取引法ご注文方法修理依頼書お問い合わせ

Copyright (C) 2005-2023 靴修理の直行便. All Rights Reserved.