紳士靴型で、ご希望のカかと(リフト)修理型を、変えられます

紳士 靴裏修理 実例写真集   

― その1、紳士靴裏カかと(リフト)修理 実例写真集 ―

お客様の修理靴が直接修理店より届きます。       
 
           修理靴の受取はご希望の指定日や時間帯に宅配できます。


    このページの案内
    @、紳士ビジネス型、 靴裏かかと(リフト)修理実例、  
    A、紳士カジュアル型、靴裏かかと(リフト)修理実例、  
    B、特殊靴型、    靴裏かかと(リフト)修理実例、  
    C、スニーカーの   靴裏かかと(リフト)修理実例、  
      ( リフト修理部品、写真集ページあり、参照下さい、) 
      ( リフトの型は、お客様の、ご希望で
                 どの型でも取り付け可能です、)    
 


@、紳士ビジネス型、靴裏カかと(リフト)修理実例集、
    修理部品仕様、補足説明  
NO2ビブラム5331型、

ハードなビジネス型、
耐久性第一のご希望の方へ、

 色は、濃茶のみです、
かかと減りすぎ実例、
減り過ぎ
NO6、MO柄スベリ止め型
          リフト交換例 


 色は、黒、濃茶、


かかと(リフト)だけでも抜群の
         スベリ止め効果あり、
NO5トラット型ヒール 

  色は、黒のみ、

いまでもトラット愛好会には
         欠かせない型

NO4、革リフト
     革底靴の定番部品型、



(仕上がりは、濃茶に色染め仕上げ)
NO12ビブラム2055型で
       仕上げた リフト
NO8ビブラム8968型
      (硬質スポンジ素材)

最近リーガルでもスポンジ底型が
         多くなってきました、
(修理前)ヒール高さは前と同じ
         仕上がり高さ)

リフト減り過ぎ
NO19型、Mライン、スポンジ仕上げ

おもにカジュアル紳士靴型に
使われる
スポンジ部品ですが、仕上げ形で、
ビジネス靴型にもソフトな
クッションなので、 好まれる、
(上のビブラム8968型と同様、
        模様が違うぐらい、)
時々ある紳士靴ヒール部分の
ウレタン素材劣化でボロボロ、


ウレタン素材のヒール




A、紳士カジュアル型、靴裏かかと(リフト)修理実例、
     仕上がり形      修理部品仕様、補足説明    修理価格(慮足、
 
(両足、税別)
MDスポンジリフト
修理部品集、
NO19、
 Mラインスポンジ底          で仕上げ


     ¥2000
   
特大サイズ
 
     ¥2300
新クレープ、リフト 修理部品集、
NO31、
   新クレープで仕上げ




     ¥2000

  特大サイズ 
     ¥2300
新クレープ、リフト 修理部品集、
NO32、
   新クレープで仕上げ

 
右は、
 新ケレープ4mm厚さの時


     ¥2000

   特大サイズ 
     ¥2300

新クレープ6mm厚さの時は、
       ¥100UP

変形リフト 厚さ、大きさで、変わる、
  
   ¥2300
    〜¥2500


左の時は、
     ¥2300でした


本クレープ、リフト NO18,修理部品、
  本クレープ で仕上げ、
厚さで変る、

  厚さ 20mmの時、
     ¥2500
  
厚さ 10mmの時、

      
¥2300
ビブラムリフト NO11、
 ビブラム5345型
 



  
  
特大サイズの時

     ¥2800

減り過ぎで高さ補強の時、
      ¥300UP
リフト例 NO21,タンク、
  ヒール型仕上げ、



タウン型用
     ¥2500
登山靴の時

    ¥3000
  
(仕上げ方法が違う)
 
ブーツ、リフト NO12,
  ビブラム2055型



     ¥2500
  特大サイズ 

      ¥2800

減り過ぎで高さ補強の時、
      ¥300UP
ウエスタンブーツ、リフト NO11、
  ビブラム5345


   10mm厚リフト 



      ¥2500

  
特大サイズ
 
      ¥2800
紳士靴かかと(リフト) 
減りすぎで高さ補強必要な時、

  標準修理代に
  
¥300UPになる、
紳士靴、
ビジネス型でもカジュアル型でも、高さ補強の時は、標準修理代より、
 ¥300UPになります。
かかと減り過ぎ 
かかと(リフト)減りすぎ、






B、特殊靴型、靴裏かかと(リフト)修理実例、
     仕上がり形    修理部品補足説明   修理価格
  (税別)
陸手型リフト交換 特殊型仕上げ、(組み合わせ型)
NO24、の超硬質板と
 スベリ止め型リフトの組み合わせ型




   ¥3500
三つ穴、金具取り付け
おお昔、昭和30~40年代、リーゼントシューズ(ヒールアップシューズ)に、この月型金具を付けて、カチカチ音をたてて歩くのが、大流行の時代も有りました。

金具付きで、減りにくい、
カチカチ音がする、
(金具取り付けボルト止め型、)

   
 月型、
   金具取り付け

    ¥1200
セッター
ぞうり(セッター)のカカトは、以外に減りやすいです、
三角の金具つきの修理は今では、数すくなくなっています、
当店の修理は、今でも、
  革リフト+三角金具付です、
 
    ¥3500  





C、スニーカーの、靴裏かかと(リフト)標準型、修理の一例、
               
(スニーカー専用ページあり、 リンク案内へ、)

     仕上がり形      修理部品仕様、補足説明    修理代金(両足、税込み)
スニーカー、りふと、1 スニーカーに多い一般型、

新クレープ修理部品での仕上げ、 



    ¥2000


減り過ぎで高さ補強の時
    ¥300UP
スニーカー、リフト底周りベルト巻き、 底が減りすぎで、
 底周りまで修理した時


底周りのベルト色見本
 黒、濃茶、白色、青、赤



     ¥3300

減り過ぎで高さ補強の時

     ¥300UP
変形リフト仕上げ

修理部品集、
NO32、新クレープで仕上げ(変形型)



     ¥2500

                
                

                           トップ、ページへもどる、





HOME店舗紹介特定商取引法ご注文方法修理依頼書お問い合わせ

Copyright (C) 2005-2010 靴修理の直行便. All Rights Reserved.