スニーカー底のハガレ修理案内、特集ページ

 

お客様の靴修理が直接修理店より届きます。        

           修理靴の受取はご希望の指定日や時間帯に宅配できます。




 
○、スニーカーの底のハガレは、奥が深く、修理店の持ってきて
  剥離剤(シンナーなど)で、はがしてみないと、
    どこまで剥がれているか:::解からない部分が有る。

〇、ハガレ修理は、修理方法で大きく異なる。
    修理店で、見える部分だけの接着方法と、古い接着剤を
    丁寧にハガシテから接着方法では、手間が大きく違う。

○、このページのハガレ修理料金は、丁寧な接着方法での
    料金表示、です。
    現物が、表示よりハガレ(劣化)が軽度であれば安くなる、
                     安くなる時も有る、)


●スニーカー底ハガレの ようす案内
  
良くある簡単な例、

 
   
   
   

   見た目と全く違う 一例、
     
     
     


●スニーカーのハガレが起きやすく どうして高額な修理になるか?
   
  その@、本革と本革などは、接着剤が表面に浸透して接着力が出ますが、
     発砲材や、表面ツルツルの合成ゴムなどは、接着剤がハガレやすい。

 そのA、スニーカーの接着面が立体曲線部分が多く、
     接着部品の隙間が多く出ます(接着力が弱くなる)
     また、スニーカーのデザインを作るのに、多様な素材を組み合わせて
     接着力が軽視された製品が多い。

  (高額になる理由、)
 そのB、元の古い接着剤をはがすのに、大きい手間がかかる、 
     再接着方法より、はがす(取り外す)のに2倍以上の手間がかかる、
     (お客様自分で市販の接着剤で、処置した品は、(特に瞬間接着剤)
     古い接着剤をはがすのに、よけいな手間がかかるので、
         
標準ハガレ修理代より、¥2000UPの料金になります。
        









    2017年 8月  4日。。
 



HOME店舗紹介特定商取引法ご注文方法修理依頼書お問い合わせ

Copyright (C) 2005-2010 靴修理の直行便. All Rights Reserved.